AED蘇生授業(6年生)

5月24日(金)、AED蘇生授業を行いました。淺野先生をはじめ、専門家の方々をお招きして、救命についてのお話を聞いたり、命の大切さや自分たちにできることを考えたりしました。6年生は、実践を通じて胸骨圧迫の方法や、AEDの使い方を学びました。

AEDがあるだけでは命は救えず、勇気を持つことが大切であることを知りました。

  • 5年生の復習を兼ねて、テキストを見ながら、命の大切さを再確認しました。

  • 蘇生の技術を詳しく学びます。

  • 人形を相手に、胸骨圧迫の実践開始です!

  • プロの方々の心肺蘇生を見せていただきました!!!

  • 実際に心肺蘇生が必要な場面に遭遇したらどう思うかを話し合いました。

  • グループの考えを発表しました。様々な考えを知り、命の大切さについて更に学ぶことができました。