3つの柱

3つの柱で「個人」の可能性を大きく伸ばす。

操教育

ゆたかな「こころ」と「からだ」を。

あらゆる教育活動を通じて自尊感情・自己肯定感を育みます。
県下有数の音楽ホールでもある、星野記念講堂のハーモニーホールや全天候型グラウンド「星野ドーム」等の体育施設。のべ22泊の宿泊学習など「自分で考え、自分でできたこと。まわりから自分が支えられ、自分もまわりを支えた。」体験を積み重ね、内面を磨き、鍛えていきます。本校には子どもたちの豊かな感受性と好奇心を存分に育むための充実した施設と環境があり、よく考え、進んで学ぶ子どもを育てます。

優れた環境が感受性と表現力を豊かに
  • 芸術鑑賞会をはじめ、幅広く利用されている星野記念講堂は、本校の情操教育を支える中心的施設です。
    しなやかな感受性は「本物」にふれることで、豊かな表現力は「ステージ発表」を重ねることで育まれます。このような学校行事を通した「情操教育」により、将来、自主的に世界で活躍できるバランスの取れた人材の育成を目指します。

自立を促す多彩な宿泊行事
  • 年齢に応じた自立の完成を目指し、発達段階に合わせて多彩な宿泊行事を用意しています。宿泊の体験を通じて、集団行動や規則正しい生活の送り方を確認し、友達と協力することの大切さを学び、お互いの絆を深めていきます。2・3年生の夏の学校では、縦割り班での宿泊で学年を超えた人間関係を学びます。宿泊行事後は、いつもよりたくましくなった子どもの姿を見ることができます。

さらに芸術・体育・道徳
  • 人としての豊かな教養と知識を身に付けるために、箏曲や書道、剣道にも力を注ぎます。授業を通して礼儀作法や心身を鍛え、集中力も身に付けます。
    体育祭や合唱祭では、クラス全員でひとつの目標に向かい努力することの素晴らしさや協調性を学びます。
    さらに、道徳の授業により、真理を探究し、正義を学び、人としての品格を高めます。

力養成教育

進んで学ぶ、楽しさを。

論理力も、思考力も、表現力も、基礎がしっかり身に付いていてこそ。本校では基礎学力の向上をはかるとともに、6年間を見通した教科指導を徹底しています。また、実践的なマルチメディア教育を通して将来のプレゼンテーション能力を身に付ける素地をつくります。

「わかる授業」の追求
  • 本校では、基礎学力を身に付けるために、専科教員を交え、複数の教員によるきめ細かな授業を目指しています。授業は、4年生まで2人担任制で実施し、1クラスに2名の教員がつきます。また、授業の進め方や指導方法は教員間で話し合い、進めていきます。土曜日も授業を行うことで、基礎学力を習得するための授業時間を確保できています。

充実した教科指導
  • 教科指導をするにあたり、各教員が自分の専門性を生かした指導にあたります。また、主要教科では教科ごとに3本の柱をつくり、6年間を見通した教科指導を徹底しています。学習の成果を確認するために、各種検定(漢検・数検・英検)の取得も後押しし、個人の能力を最大限伸ばします。

実践的なマルチメディア教育
  • 授業中、黒板で伝えにくい内容はメディアを使用した画像や音声で子どもの興味や関心を引き出します。
    本校では、マイクロソフト社とスクールアグリーメント契約をしており、随時最新のソフトを利用することが可能です。英単語をネイティブの発音で学ぶソフトや英検キャットに対応したソフトも取り揃えており、授業内ではインターネットのマナーや簡単な検索の方法を学習しています。普段からマルチメディアに触れることで、プレゼンテーション能力を身に付ける素地をつくります。

語教育

コミュニケーションの力を。

英語を学ぶだけでなく、日本の文化もより深く理解し、国際社会に生きる日本人としての自覚を身に付けることが大切。そのため、英語教育の一方で、箏曲や剣道、書道等にも力を入れ、日本文化を海外の人に紹介できる人を育てます。

ネイティブ教員による生きた英語
  • 英語でのコミュニケーションには、恥ずかしさや不安がつきものです。そんな心の壁を取り除くのは、「経験」そのものです。本校には、開校以来、アメリカ人教師が常勤しており、子どもたちがネイティブ教員と日々触れ合い、楽しんで学ぶ授業や行事を実践しています。ネイティブ教員の生きた英語と、教科指導のノウハウを持つ専科教員のティームティーチングによって、英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)の総合的な力を伸ばしていきます。

日本の文化を学び愛国心を育てる
  • 本校ではまず、自国の文化をしっかり学びます。そして、日本とは異なる文化や習慣を持つ人や社会を受容できる人に育てるために、異文化体験の場として、ニュージーランド修学旅行だけでなく、ハロウィンやクリスマス等、海外の文化や習慣に触れる機会も積極的に作っています。このような環境の中で子どもたちは、日本との違いや共通点を見出していきます。

ニュージーランドへの修学旅行
  • 5年生の夏休みには、修学旅行でニュージーランドを訪れます。1週間の滞在の中で、オークランドやロトルアを訪れ、エルムパークスクールとの交流や、ファームステイを体験します。それまでに学んだ英語を使い、現地の方々とコミュニケーションを図りながら、生きた英語に触れる場です。現地の生活や文化を積極的に学ぼうとする姿勢を育て、国際社会に通用する英語力を付けるのが、ニュージーランドへの修学旅行です。