教科学習

充実した教科学習で児童一人ひとりの成長を実現

国語

基礎力×教養

日本語の響きを味わい、日本語のルーツを探り、日本人としての教養を高め、全ての学習の土台、日本語の素地、日本人としての根幹を作ります。そして、4技能を支える、豊富な語彙と教養ある言語感覚を育てます。

星野チャレンジ検定【漢字】を実施

各級にテーマを設け、あらゆる角度から漢字の定着を図ります。

オリジナル漢字プリントを使用

基礎的な内容に加えて、部首や特殊読みを網羅し、1つ上の漢字力を目指します。

漢字検定5級以上の取得を目指す

1人ひとりの学習をサポートします。29年度は準2級まで幅広く挑戦し、多くの児童が級を取得しました。

1年生から国語辞典や漢字辞典、新聞を活用

読み物感覚で触れ、語彙や漢字の知識を増やし、言葉や漢字への探求心、自学自習の力も育てます。

言葉遊びに親しむ

パズルやクイズ等に挑戦しながら楽しく語彙を増やします。

音読と視写を重視

丁寧に早く正しく書き取る力、正しくすらすら表現豊かに読む力を養います。百人一首や枕草子等の古典、伝統的な名文にも触れ、教養を深めます。

書道の専科教員による本格的な書写の授業

思考力×論理

話す・聞く・書く・読む時に自分の中で行う、言葉を使って考える過程を、自分で論理的に行えるようにし、4技能を鍛えます。

『論理エンジン』『論理エンジンキッズ』を導入

日本語の論理的な使い方や日本語でのものの考え方を学び、頭の使い方を鍛え、言葉を使うあらゆる活動の素地を作り、意識して筋道を組み立てて考えられるようにします。

読書を推進

読書は、知識を蓄え、教養を高め、言葉の使い方や語感を豊かにするだけでなく、論理的に考える素地を作り、分析・解釈・批評する力を育てます。また、他者の書きぶりを知り、自ら書く力にも活かすことができます。そのため、図書室や学級文庫の活用、アニマシオンや読み聞かせ、ブックトークやビブリオバトル等、様々なアプローチで読書へと導きます。近現代文学や古典文学にも触れます。

読解のシステム化

豊富な読解演習を行い、主題、要点・要約・要旨、具体と抽象、因果関係、対比、構造等を読み取る力や、記述力を育成します。

創造力×コミュニケーション

言語技術力を高めながら、相手を受け入れ、自分を表現するコミュニケーションを行い、言葉で人と繋がり、世界を広げ、新しい時代を生きる力を育てます。

確かな日本語力と構成力の育成

正しい文法、適切な情報収集、柔軟な発想、客観性の高い視点、説得力のある論法、わかりやすい型等、持論を展開し、主張を支える土台を、様々な練習を経て築いていきます。

自分を表現する力の育成

物語・俳句・詩・レポート・新聞・リーフレット・小論文的作文等、多彩な創作活動に取り組みます。学校内だけでなく、外にも目を向け、社会へ自己発信する取り組みとして、多種多様なコンクールに挑戦し、数多くの実績を残しています。

伝え、理解し合う力の育成

鑑賞・スピーチ・プレゼン・ディベート・面接等、多岐に亘る対話活動を行います。自己PRや、社会的問題等、あらゆる場面に向き合い、効果的に対応し、課題を解決していけるよう、実社会で求められ、必要とされる実践的な言語運用力を養います。

算数

土台となる基礎基本

速く正確な計算力、基本的な知識。土台となる基礎基本を徹底して育てます。基本的に、実施するテストは、本校の教員が独自に作成した課題を出題し、より児童の実態に沿った指導を行います。

計算フルマラソン

毎日、計算の正確性、速さを意識しながら集中して問題に取り組みます。また、定期的に計算テストを行い、計算力を確認します。

単元習熟確認プリント

単元毎の基本的な学習内容が定着したかを確認するために、教員が作成した単元習熟確認プリントを行います。テストやプリントの結果を、授業にフィードバックしながら、スモールステップで「分からない」をなくしていきます。

算数・数学検定の実施

基礎基本の定着を確認するために、卒業までに算数検定6級を取得します。また、更に上の級への挑戦を奨励しています。

筋道を立てて考察する力

自ら問題を解決していく姿勢を育みます。そのために解決への意欲と自信、そして、見通しを持ち、筋道を立てて考察する力を伸ばします。

考えを整理する授業構成

授業を「問題」「挑戦」「解決」「まとめ」の4段階で構成します。まずは「問題」に「挑戦」して自分で考え、自分なりの答えを導き出します。その後には、仲間と答えへの過程を共有し「解決」をします。そして、最後に学習を振り返って「まとめ」て、よりよく問題を解決しようとする態度を育みます。定型化された問題解決までの過程の中で、筋道を立てて考察する力を身に付けます。

展開算数

高学年では週1回、児童の習熟度に応じた授業を行います。問題演習を中心とした授業を展開しながら、それぞれの学力に合ったきめ細かい指導を実現し、「分かる」授業に徹します。

多様な表現力

数学的活動を通して、楽しさや便利さに気付き、具体物や表、グラフ、言葉を用いて他者に自分の考えを説明できる表現力を育んでいきます。

教え合い活動

友達同士で分からない問題について教え合ったりします。説明をするには、「過程」を理解する思考力、そして、それを伝えるための表現力が必要となります。こうした他者とのコミュニケーションの中で、言葉、図、具体物等で自分の考えを表現する力を身に付けます。

見て触れる数学的活動

ペットボトルと牛乳パックの水のかさを比べてみたり、教室の中の黒板や本の厚みを計測したり、実体験を重視した活動を多く取り入れます。また、本校ならではの豊富な行事と絡め、「5分前行動」などの言葉を多く使い、時間という概念をより理解できるよう、指導を行っています。

社会

地域への愛着

社会科のスタートは、まず地域の一員としての自覚を持つことです。基礎的な知識を学ぶとともに、地域へ愛着を抱けるよう、実体験を重視した授業を行っています。

フィールドワーク

小江戸川越、スーパーマーケット、消防署、資源化センター等に出かけ、五感で学習をします。適切な質問の仕方、メモの取り方も学習します。

資料の学習1 -地図-

方位と地図記号を学習した後に、街に出て地図を元に移動する練習を行います。また、授業内で白地図や地図帳を多角的に活用して、「資料の使い手」を目指します。

メディアルームの活用

地図コンテンツで、フィールドワークとは違った視点で、地域を観察します。

公民への成長

地域学習の次は、公民的資質を向上させるために、日本について学習します。「資料の使い手」を目標に、多くの資料(史料)と向き合い、習得した知識を活用する授業を行います。

資料作成

「資料の使い手」の第1歩は、自分で資料を作ること。4年生から『都道府県事典』、5年生から『歴史人物事典』を作ります。学習した知識を活かすとともに、情報のまとめ方を学びます。

資料の学習2 -文書資料・統計資料-

統計資料の読み取りや、歴史の原文史料を活用した授業を多く行います。資料活用能力だけではなく、国語の読解力、算数の思考力も高めます。

資料テスト

資料を読み取る力の定着を図るために、毎学期「資料テスト」を行います。

世界への発信

社会科の学習は、知識や技能のインプットだけではなく、考えや思いを発信するアウトプットの活動で完成されます。世界を舞台に活躍できる表現力を養う授業を行います。

『わたしのまちを作ろう』

4年生終了時には、地域学習、地図学習の成果を生かして、理想のまちを作図します。まちづくりの難しさを再確認するとともに、グループで意見交換をし、問題解決を目指します。

『卒業研究』

6年生終了時には、今まで学習した地理・歴史・公民の知識を最大限に生かします。完成した『都道府県事典』と『歴史人物事典』を使って、テーマ設定した都道府県のレポートを書きます。これによって、「資料の使い手」の完成を目指します。

理科

実験・観察を通して

実験・観察を行うことを目的とせず、実験・観察を通してどんな考え方ができるかを大事にしています。3、4年生では、週に1度2時間続きの授業を行い、5、6年生は自分たちで考えることを重視して授業を行います。

実験

安全に配慮しながら実験を進めます。子どもたちが実際に実験器具に触れてみて、失敗しながらも使い方を覚えていくことを目指します。また、実験を自らまとめていきます。

観察

自分たちで育てた植物・昆虫や、興味を引き立てる教材を使った観察を丁寧に行い、子どもたちの「気付き」を引き出します。顕微鏡や双眼実体顕微鏡を使用した観察を通して、観察の技能を高めます。

自分だけの参考書

授業ノートは「見やすさ」を重視し、勉強した内容を見開き2ページにまとめます。自分で考えて書く事が多くなるので、同じ内容のノートはなく、そのノートは自分だけの参考書となります。

実験・観察プリント

見開きの左側は、毎時間使う教材プリントを貼ります。実験の要点や結果を書き込んだり、表やグラフを作成したり、観察したものをスケッチしたりします。

自分の考え・まとめ

見開きの右側には、課題と、課題に対する予想をたて、実験や観察などの活動後、新しい用語を確認し、自分の考えを文章や図で表現し、課題に対する答えとなるようなまとめを書きます。

自分で考え知識に+αを

授業は「課題の確認」「予想をたてる」「方法・注意事項の確認」「実験・観察」「結果」「まとめ」の順に行い、一連の流れを定着させます。授業の中に「予想」と「まとめ」の2回、自分で考える時間を設けることで、問題を解決する姿勢と自分で考える力を養います。

考えることを重視したテスト問題

全てのテストで知識を問うような問題だけでなく、自分で考え、言葉を選びながら書く問題を複数出題し、知識を活用する力をつけていきます。

知識を定着させ、中学校へ

6年生の3学期には、オリジナルテキスト「サイエンスマスター」を使って、小学校4年間の総復習を行います。また、星野学園中学校の過去の入試問題にチャレンジします。

英語

コミュニケーション

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く養い、英語で積極的にコミュニケーションをとろうとする児童を育てます。

Speaking

楽しみながら英語に慣れ、自発的に英語で話そうとする態度を養います。高学年では、スピーチやプレゼンテーションにも取り組みます。

Listening

1年生から週1時間、ネイティブ教員と専科教員による授業があり、授業の中で耳を鍛えます。高学年までに、まとまったストーリーや会話を聞いて理解できるようにします。

Reading

ネイティブ教員による絵本の読み聞かせから、リーディングへの興味付けを図ります。段階的にフォニックスの学習を進め、自分の力で英語を読む力を鍛え、高学年の長文読解に繋げます。

Writing

低学年から段階的に英語の書き方を覚えます。6年生までに、身近なことを英文で表現できるようにします。

国際理解

積極的に異文化体験を行い、理解を深めます。他の国の文化を学習し、日本との違いや共通点を見つけ、異なる文化も積極的に受容しようという態度を養います。

Greeting Cards

1年生から、Mother’s DayやValentine’s Day等のカードを作り、欧米のカード文化に親しみます。

Halloween・Christmas

ハロウィンでは、様々なアクティビティを楽しみながら、体験的に文化や言葉を学びます。クリスマスには、歌やカード作りを通してクリスマス特有の英語表現を覚え、異文化に対する興味付けを図ります。

New Zealand

修学旅行で訪れるNew Zealandの言葉、習慣、風土、伝統文化を学習し、日本の文化と照らし合わせながら、それぞれの良さや共通点を見つけます。

授業・教材

授業は英語で聞き、英語で読むのが基本です。ピクチャーディクショナリーやテキストを言語教材として使うだけではなく、イラスト等を通して、欧米の文化・習慣にも触れ、理解を深めます。

実践力

授業では体験的に英語を学習します。5年生の修学旅行では、授業で学んだことを活かしてニュージーランドの人々と交流し、真の英語力向上に繋げます。

授業

6年生になると、授業がオーラルコミュニケーション、リーディング、文法に分かれ、卒業までに読める単語は1300語、聞いて分かる単語は2100語以上になります。各授業内で、インプットした語彙を適切に使う力を伸ばしていきます。

ニュージーランド修学旅行

現地では、エルムパークスクールとの交流やファームステイ体験を通して、各自が英語力を試します。英会話や日本文化紹介の準備等の事前学習、お礼状や下級生への報告等の事後学習も、英語力を伸ばすための取り組みです。

アウトプット

海外の行事体験は、学んだ英語を活用する場でもあります。例えば、クリスマスには、習った英語を使ってカードにメッセージを書きます。ゲームや劇の時間を設けることも、実践の場を増やす取り組みの1つです。

英検

本学園では、小中高一貫して英検を奨励しています。小学校では4級、中学校では準2級、高校では準1級以上合格を目指します。小学校のうちから4技能の総合的な英語力向上をサポートします。

図工・音楽・体育

図工/創作の力の育成

本校の図工は、2つの図工室を使い、のびのびと創作活動を行っていきます。豊かな発想力と感受性、そして確かな技術を土台とした創作の力を伸ばしていきます。

豊かな発想力

目の前の材料や道具の中で試行錯誤を繰り返し、自分の想いを表現できるような作品を作り出すための、豊かな発想力を育てます。

確かな技術

正しく、安全に使用できるよう、様々な道具の使い方を学び、確かな技術を身に付けていきます。作り上げた作品は、「星華祭」等の場で展示し、自分の作品を評価してもらう喜びや達成感を味わいます。

気付きを深める鑑賞

友達や身の回りの作品の鑑賞、アートカードを通して、感受性を磨きながら、感じたことや気付いたことを文章や言葉で表現する力を伸ばします。

音楽/豊かな情操を養う

基礎基本の定着を図るとともに、表現方法を考える活動や、1500席を誇る星野記念講堂での音楽行事を通し、情緒豊かな心を育てます。

土台づくり

毎時間の発声練習や、リズム打ちをする活動、動きを取り入れた鑑賞活動、継続的な器楽指導を通し、音楽を楽しみ、表現する力を育てる土台づくりを行います。

表現力の育成

曲想や歌詞の内容を読み取った上で、表現方法を工夫し、曲に合った演奏の仕方を考えます。5、6年生では、中高の専科教員による、より専門性の高い声楽や器楽の授業が展開されます。

充実した音楽行事

プロフェッショナルによる「芸術鑑賞会」、全校児童の美しいハーモニーが響き渡る「合唱祭」等、星野記念講堂で催される音楽行事で、感受性や表現力を豊かにします。

体育/運動を通した3つの経験

身体を動かす楽しさを味わう経験、競争し、達成感を感じる経験、集団活動の経験、この3つの経験を通して、「身体能力」、「態度」、「知識・思考力・判断力」を育てます。

体力作り

星野ドームや遊具場、ロッククライミング広場等の運動施設を使用し、生涯にわたって運動やスポーツに親しむ身体能力を身に付けます。

礼儀作法の習得

集団での活動を通して、集団行動の基礎を身に付けるとともに、剣道等の授業を通して、礼儀作法を身に付け、集中力を養っていきます。

学びの実践

運動や健康についての知識を身に付け、それを活かして自ら考え、行動する力を伸ばします。

豊富な体育行事

「体育祭」「マラソン大会」「スキー実習」等の体育行事を通して、目標に向かって努力することの素晴らしさや協調性を身に付けます。