学校法人 星野学園中学校

MENU

ニュース詳細

2017/7/28

グローバル人材育成講座【高校理数選抜】

高校2年理数選抜クラス

グローバル人材育成講座

日本への海外留学生(東大生5名、農工大生1名)と交流することで、他の国の人々の考え方や物の見方、またその背景にある文化・歴史などを学び、自分の考え方・物の見方の幅を広げ、今後の自分の進む道をしっかりと見定めることを目的として開催しました。

〈日時〉7月12日~14日の3日間 午後13:00~16:00までの3時間

〈内容〉

1日目 オープニングセレモニー・英語ディスカッションに向けた準備・Warm-up Discussion・英語プレゼンテーションのコツ・留学生によるスピーチなど

2日目 グループディスカッション(自分のライフマップについて・自分の個性について・将来の夢や目標について)

3日目 Review Session・プレゼンテーションの準備・1人1人によるプレゼンテーション

003

004

002

001

 

〈生徒感想〉

「志を持って努力することは非常に楽しい」

この3日間の授業を通して学んだことが3つあります。

1つめは英語で会話する時はアイコンタクトやジェスチャーなどの言葉以外の表現がすごく重要だということです。日常生活ではそのような点に関してあまり感じる機会がなかったので、すごくいい経験になったと思います。

2つめは志を持って努力することは非常に楽しいということです。どの留学生の方も自分の将来の夢を自信げに語っていた印象がありました。また、誰かのために貢献したいという気持ちが強く感じられました。留学生の方々のお話はとても刺激的で、私も彼らのように自分の能力を社会に還元できる人になりたいと思いました。

3つめは失敗を恐れずに取り組む姿勢です。私は今まで失敗は良くない事と決めつけていましたが、何かに挑戦する時は常に失敗が伴い、またそれから得られるものは自分を成長させてくれることが分かりました。

これらの経験を活かして、自分のスキルを上げ、夢を実現できるように努力していきたいです。

 

「メンタル面が強くなった」と友達に言われた

3日間のプログラムを通して、短い期間できたが成長することができました。

まず一つ目は、コミュニケーション能力が上がったことです。元々人見知りで目を見て話すことが大の苦手でした。ですが、グループリーダーやファシリテーターの先生に3日間を通して言われた「1、アイコンタクト 2、大きな声 3、ジェスチャー」を苦手ながらも挑戦したことにより、今の自分に自然と身に付くようになっていました。そして二つ目は、メンタル面が強くなったことです。この点は、自分では気づかず、部活の人に言われたことで気づきました。3日間×3時間の計9時間みっちり英語で話し、2分間約40人ほどの前でのプレゼンテーションをした経験により、心が強くなりました。英語を勉強することは苦手で、それにより嫌いでしたが、やはり英語を学ぶとこは楽しくスラスラと話せるようになり、英語で自分の意見を言ったり、外国の方と会話を楽しめるようになれたらいいなと思いました。この経験ができて本当に良かったです。

 

「中学からずっと過ごしてきた仲間だからこその絆」

今回の講座、とても充実した3日間でした。あまり英語を話すことが好きではなかったけれど、「間違えてもいいよ」「とりあえず話してみよう」と言ってくれて、実際文法がごちゃごちゃでも、とても愛想よくあいづちをうってくれたので、伝わっていることに嬉しく思い、恥ずかしく話すことが好きではなかった自分が変われた気がしました。班のみんなも今までとは違う自分になっていた様に感じ、自分から話しかけにいって積極的になっているように思いました。2人ペアで英語を話すレッスンでは、男女がペアになっていたりして、男女の仲の良さも私たちだからこそ、中学からずっと過ごしてきた仲間だからこその絆だなと思いました。

最後のプレゼンは一番印象的で、自分の将来の夢をクラスのみんなに発表するのがすごく嫌でものすごく嫌だったけれど、本番自分より前の出番の子たちが、しっかりと自分の将来をみんなに伝えているのが、すごく言葉に表せないほど感動し、思わず涙が出ました。日本語ではおそらく恥ずかしいことが英語だとなぜか言えたのが不思議でした。みんなの未来が、人生が、絶対良いものになるなと確信できた講座でした。ありがとうございました。

 

 

PageTop