校長あいさつ

多くの人を幸せにする、きれいな花や、ゆたかな実り。それらはすべて、一粒の小さな種からはじまります。

子どもたちは、みんな小さな可能性の種。これからどんな色の花が咲くのか、どんな形の実をつけるのか、それはまだ誰にも分かりません。それでも確かにいえるのは、花や実は、しっかりとした根と幹がなくては結実しないということ。

星野学園小学校での6年間は、めぐみの雨のようにしみわたる学びと、太陽のようにあたたかな愛情をもって、子どもたちの根と幹とをたくましく育むためにあるのです。

学校法人星野学園 理事長/星野学園小学校 校長
星野 誠

教育目標

よく考え、進んで学ぶ子ども。明るく健康な子ども。広いこころを持ち、思いやりのある子ども。礼儀正しく、あいさつのしっかりできる子ども。